スズメバチ退治はハチ駆除業者にお任せ|生活を脅かす存在の対処

男性

ハクビシンの屋根裏被害

動物

ハクビシンというのは漢字で白鼻芯と書き、その文字の示す通り鼻から額に掛けて白い線が伸びていることが特徴的な害獣です。この害獣は一部の農村地域でのみ見られましたが、近年ではその活動範囲を広げ都市部でも害獣被害を発生させるようになってきました。ハクビシンによる害獣被害というのは、屋根裏への侵入により発生します。この害獣が屋根裏に侵入する目的というのは、主に営巣・繁殖のためです。そのため、複数匹で屋根裏に侵入してきます。また、そこをテリトリーとするため糞尿の排泄も屋根裏で行われるのです。野生のハクビシンにはダニやノミも多く寄生しており、糞尿が溜まるにつれてそれらの害虫も大量発生してしまうでしょう。屋根裏で起こる被害を最小限に食い止めるためには、ハクビシン駆除を行なう必要があります。
ハクビシン駆除を行なう際には、個人でそれを行なうことはお勧めできません。ハクビシンというのは鳥獣保護法により守られているため、個人が勝手に駆除してはいけないのです。つまり、ハクビシン駆除を行ないたいのであればハクビシン駆除業者に依頼する必要があるということになります。駆除業者に依頼した場合、費用が発生してしまいますが屋根裏の現状を知ることで費用を払ってでもハクビシン駆除業者に依頼して良かったと思えるでしょう。ハクビシンによる被害の進んだ屋根裏の状況というのは、糞尿による悪臭に包まれ大量のダニやノミが跋扈している状況にあります。もし、個人で駆除が行なえたとしてもそれらの処理まで完璧に行なうことは難しいはずです。ハクビシン駆除業者であれば、そういった場所にも乗り込み適切な駆除作業と糞尿の掃除・除菌、ダニ・ノミの駆除まで行なってくれます。